• NiT

ここんところの日光マルシェ in ミナテラスとちぎ

2022年3月13日開催


日光市立今市小学校 ICMおやじの会様主催の「ここんところの日光マルシェinミナテラスとちぎ」に参加させていただきました。

当団体は子供向けのクイズイベント「日光クイズ」および運営のお手伝いを担当させていただきました。また所属メンバーである小野崎が当イベントのポスター制作を担当させていただきました。


・イベント概要

栃木トヨタ自動車が運営するミナテラスとちぎにて、日光市立今市小学校ICMおやじの会が主催したマルシェ。日光を代表する飲食店や団体が20以上集まり、日光の素敵なグルメやアクティビティを満喫できるイベントとなりました。また地域教育や歴史について学べるセミナーも同時に開催されました。


「日光クイズ」とは

クイズに回答することで日光にまつわる豪華景品がつまった福袋がもらえる、子供たちをメインターゲットとした催し物。イベントスペース内にランダムに散りばめられた日光にまつわる15のクイズに答え、その正答数や回答時間によってさまざまな景品がもらえるというシステムになっておりました。景品は各出店団体が持ち寄ったお菓子や工芸品となっており、1位・2位をとった子供たちにはそのほかにお米10kg・5kgが授与されました。当日は30人近くの子供たちが夢中になってクイズを楽しんでおり、大盛況であったと言えると思います。



「地域教育」のモデルとしての日光市

近年、未来を担う子供たちの豊かな学びや成長を支えるため地域と学校がパートナーとして連携・協働するという「地域教育」の重要性が唱えられています。日光市においてもこれを推進する活動がなされており、今イベントの主催であるICMおやじの会さんの活動はその代表例といえます。今イベントも来場者に自分の地域に目を向け、地域教育やコミュニティについて一歩踏み込んで考える契機としてもらうことが狙いの1つになっています。

実際に地域コミュニティと教育の関係について学ぶセミナーをはじめさまざまな形で地域教育の重要性について触れることができるようになっており、地域教育のモデルとしての日光も広く発信されました。


・参加団体(敬称略)

ICMおやじ会(ハンバーガー販売)

小野糀(糀商品販売)

けっこう漬本舗 (漬物、バター販売)

日昇堂 (菓子販売)

HACHIYA (バウムクーヘン他販売)

渡辺佐平商店 (サイダー販売)

大門農園 (いちご他販売)

菜音 (オリジナルスイーツ販売)

goodf4 (オリジナルレモネード販売)

nana-la (惣菜、販売)

株式会社 秋桜 (清掃グッズ体験)

古民家再生協議会 (古民家案内、相談)

kashiwa (食料品販売)

プラス キッチンカー(食料品販売)

バンブーフォレストキッチン(食料品販売)

オレンジトレイン(食料品販売)

足尾歴史研究会 (セミナー)

角谷 KAKUTANI (オリジナル家具販売)

maaluico (アクセサリー販売)

SUPSUP (パドルボード体験)

有限会社梅屋商店 (生そば他販売、マッサージ)

アトリエ 重房 (日光下駄、小物販売)

モグローカル (コンシェルジュ)

NiT (コンシェルジュ)

日光大学 (コンシェルジュ)


セミナー

ミナテラスとちぎ内のセミナールームにて以下の3つのセミナーが開催され、多くの地域の方々がご参加くださいました。

「地域コミュニティと教育の共存」

「教科書には載らない足尾の歴史 光と影」

「もしもの時の安心医療(子ども版)」


当日の様子




さいごに。。。

当日は日光市内の方々だけでなく、宇都宮をはじめとしたさまざまな地域からたくさんのお客様にお越しいただきました。家族連れの方が多く、お子様と一緒に日光のグルメやアクティビティを思う存分満喫してくださっているご様子でした。NiTは日光クイズという形で参加させていただき、さまざまなイレギュラーが重なったものの、おやじの会さんをはじめ多くの方々がバックアップしてくださり大変有意義なものにすることができました。

また子供たちが夢中になっている様子を直に見ることができ、日光の魅力がより多くの人に伝わっていることを実感しました。また今イベントを通して、日光を愛し日光の未来について真剣に考え行動されている方々とお話しさせていただくことができました。おやじの会さんからも「今後の日光を盛り上げていく主役はNiTたち若者だ」とのお言葉をいただき、今後の活動にいっそう力を入れていかねばと身の引き締まる思いでした。(小野崎・中崎)


閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示